2011年5月21日土曜日

最後の3羽隼 和歌山ツーリング4日目(南紀白浜と世界遺産熊野古道・・・そしてトラブル)

5月4日晴れ

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ雨に泣かされないように押しましょう(笑)


20mそばにいながらニアミスした。関東ライダー仲間のひつじ小隊・・・残念

我々は朝7時頃出発

阪和道、和歌山ICから南紀田辺ICを降りて今日の最初の目的地はバイク屋さん!!なんとトラブル発生!不道さんの前輪タイヤがアウト!ツルツル!四国の峠を攻めすぎたのか?距離と峠を考え危険と判断。GSに立ち寄りバイク屋さんを探すがGWでここら辺はみんなお休み。

じゃ安全運転で走りながら探そうってことで千畳敷に到着。




そして記念撮影・・・今回の旅の思いをポーズで示そう!



 
  嵐を呼ぶ男!空を見上げて出たこのポーズ!
     














スーパー晴れ男!空を見上げて出たこのポーズ








見届け人のトニータニ・・・なかなかおもしろい闘いだったな!


千畳敷は、その名のとおり広い岩畳を思わせる大岩盤。
瀬戸崎の先端から太平洋に向けて突きだしたスロープ状になった白く柔らかい岩は第3紀層の砂岩からなる大岩盤で、打ち寄せる荒波に浸食され壮大な景観を創っています。




そしてここから少し離れたところにある三段腹ドキッとした人?三段壁に到着




千畳敷の南海岸にそそり立つ高さ50mの断崖。
その昔、漁師たちが通りゆく船や魚の群れを見張った場所「見壇」に由来するといわれるこの大岩壁は、南北2kmにわたって展開され、岩肌に打ち寄せる黒潮が激しくぶつかり合うダイナミックな光景には、自然の迫力!!
にほんブログ村 バイクブログ ツアラーへ


さてここから世界遺産に行こうってことでR311を山越えだぜ!


大きな地図で見る

いやいやR311は気持ちのよい道でした。しかし、あの走り屋不道さんが右コーナーになると、まるでサイドカーに乗ってるような運転、さすがここは安全第一ですね!って家までこのまま走るつもり???
不道さんがOKしてくれたら、後でサイドカー見たいなバイク運転!あせるハヤブサパート3動画をお見せします?

と走りながら世界遺産・熊野古道ってどこですか??
http://www.pref.mie.lg.jp/KODO/index2.htmと今頃調べて見る。
なるほど!そうだったんだ。

そして最終目的地、熊野本宮大社に到着







ヨシ!わかった!根の心が足りなかったのか!

根の心構えで歩んでますか?






あらたな心で出発だ

ここからまた気持ちの良い山道をクネクネ、ワインディングで帰るぞーー!

ところが後を見ると不道さんが来ない!!

あっそうだ!!タイヤがツルツルバーストの危険回避でサイドカー運転だったんだ。




大きな地図で見る

やっとここまで来ましたが、このまま帰ることは不可能!ここで行き先変更!・・・
向かう先は鈴鹿サーキット!!





そう!ここ鈴鹿サーキットの側の南海部品鈴鹿店

               大きな地図で見る


にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ

今度のタイヤはダンロップSPORTMAX ROADSMART II
店員の説明・・・ほんとうのお話です。
雨に強いですよ、このタイヤは!!



でもこれで安心して帰れます。ツーリングは事故なし、怪我なし、検挙なし、ですからね!
だけど今何時?って15時から17時とかなり遅かったような!

ここで判断!東名高速は大渋滞の予想!中央高速に出て長野道、上信越道経由で帰りましょう!

ところが中央高速は標高が高いのでだんだん真冬のような寒さに!!10度を下回りました。
インナーを着て寒さしのぎにここで合羽を着る羽目に(爆)
ツーリングは時に闘いでもあります。何度も同じ経験しても懲りません。

最後の何処かでの休憩時、不道さんの真の強さを知りました。出発時の雨の時もメッシュグローブのまま雨を凌ぎ、帰宅時の真冬のような寒さの中でもメッシュグローブのままじっと耐えていたのです。ぼくと、トニータニはホットグリップが付いていますがそれでも寒くてたまりませんでした。

結局、長野県の軽井沢を過ぎるまで、疲れと寒さとの闘いが続きました。本日の走行距離913kmでしたって朝から何時間走ったの?1日最長時間の記録更新(爆)
1日目922km
2日目229km
3日目350km
4日目913km
総走行距離2414km

今回の四国、和歌山冒険ロングツーリングも最高の旅となりました。
きっと今回が
最初で最後の隼3羽だと思います!!!


誤字脱字やご迷惑な文章があったらごめんなさい。
みなさんありがとうございました










10 件のコメント:

ぱぱ さんのコメント...

こんばんわセンセー。

写真のポーズは、不動さんが降参ポーズで、センセーは勝利のポーズ、トーニータニさんは審判みたいな感じですかね(笑)良く撮れてますね\(^o^)/

不動さんの、伝説のサイドカー走り早く見たい~(笑)

センセー teacher さんのコメント...

ぱぱさんこんばんは!!

このポーズの写真はほんとうに無意識に撮った写真なんです(爆)
まさに降参、勝利、審判ポーズですね(笑)
不道さんが見てたら本人が一番笑えれるかもです(爆)

サイドカー走り!!まだ動画見てないですが(汗)
不道さんがOKしてくれるかわかりません(爆)
私の交渉力次第です(笑)

akumakozo さんのコメント...

ロングハードツーリングお疲れさまでした。

タイヤは早めに換えておかないと痛いですね、連休だとお店が休みだったり向うの言い値(ニヤ)で買うしかないし。

まぁ終わりよければ!!ですね。

ちゃつ さんのコメント...

不道さん…雨乞いしてるように見えてしまう(笑)
でも、そのタイヤの状態だと本当!雨降らなくて
良かったですね(T▽T)そして次のタイヤは雨に強いと
これで雨でも怖いものなしですね不道さんww
R311は気持ちの良い道なんですね~"φ(・▽・o)~メモメモ
でも、たっちゃんのトレードマークの龍!!繋がりで
龍神スカイラインを走っていないとは(T▽T)!!!
代わりに私が走ってきます!!
とか思いつつ、今週後半から雨模様のようで…(T▽T)…
まさか不道さん…今週末、何かで関西入りなんか
しないですよね?(T▽T)と、疑ってみる(笑)
てか、レポ楽しかったよー(^▽^)参考にもなったしアリガトウ!
ツーリングにレポに!お疲れ様でした~(_△_)

WhiteCat46 さんのコメント...

お疲れ様です。
自分達は時間不足で南紀白浜や熊野古道は見て回れなかったので参考になり有難いです!和歌山は見たいところが沢山あるので、きっとまた行くことになると思います。
それにしても初日と最終日の走行距離だけで1800Km以上とはセンセー達は、
やはり凄すぎます!隼の隼らしい、正しい使い方ですね!

akinaka さんのコメント...

最後
どこに泊まるんだろうと気になりながら読んでいたら
一気に帰宅ですか!!

すんごぃ距離ですよね。。。

で、不道さんのど根性に感激しました。
絶対に弱音を吐かない方なんですね・・・

タイヤのことが気になり読み始めましたが
交換できたのも良かったですね。。。

また忘れられない旅が大きく一つできましたね。
羨ましいです~

最初で最後なんですか。それは残念ですね・・・

センセー teacher さんのコメント...

akumakozouさんこんちは!!

GWはお店もなく、やっと見つけてタイヤも在庫品のみでダンロップとなった訳で値段もいい値(笑)

ロングハードツーリング(爆)
北海道に渡る橋があったらちょいと行けるのになぁ~と思いました(笑)

センセー teacher さんのコメント...

ちゃつさんこんにちは!

そうそうあのタイヤで雨降ってたらもう一泊は確実だったよ~(笑)
雨に強いタイヤに履き替えて走るのは雨ばっかりだったら2万㌔は持つかもね~(笑)
龍神スカイライン・・・そうか!そうだよね!!次回和歌山の目標ができたぜ!ありがとう!!

今週末の不道さんの予定からして西は大丈夫でしょうマークだよ(笑)
なのに!なのに!今週末からずっと予報は雨ばっかりじゃん!
ちゃつさん冒険に行くんでしょーーー!
ありゃりゃりゃ・・・嵐を呼ぶ女って言わないからね~(笑)
気をつけて行ってらっしゃーい。

センセー teacher さんのコメント...

WhiteCat46 さんこんにちは。

熊野古道ルートR311は参考になりましたか~!!

ホワイトさんたちにはきっと物足りないと思いますよ(笑)
でも自分も時間が合ったらもっとゆっくり色々行きたいところが沢山あります。
海、山、温泉といい所だと思いました。

今頃気が付きました、行き帰りで1800kmとは、気兼ねなくどこまでも高速を走れるなんて、もう最後なのかなぁ~!!
これをやるにはヘソクリ貯めるしかないですねー(笑)

センセー teacher さんのコメント...

akinakaさんこんにちは!!

最後何処泊まるのかなって思いますよね!
前の日までは鈴鹿市で酒を飲む時間ですから!

そこから隼の力発揮する予定でしたが、ルートラボで見ればわかるように標高1000mの辺りを走行するわけですからスピード寒くて出せないでした(爆)

不道さんのど根性!

素手で真冬を走っているようなメッシュグローブ・・・寒さを感じない体になっているかもしれませんので、医者に行って点検するように進めたいと思います。